ブランド品のもつ価値や買取の事情を見ていく

種類や金額を見る

バッグや小物類

購入や買取に出す前に、エルメスのバーキンがどのような素材で作られているかを、把握しておくことが必要になります。
まず、バーキンは革製のバッグであることを念頭に置いて下さい。
もともと革製品のものは価格が高めです。買取の場合、状態によっては、ブランド品でなくとも、価格が高くなることもあるのです。
バーキンに使われている革には、主に牛革が中心になりますが、同じ牛革でも、メスとオスの性別、または子牛か生牛によって革の種類があります。
牛革以外ですと、羊やオーストリッチ、トカゲやワニ革も使用しています。
特に日本人の人気が高い素材は、トゴと呼ばれるオスの子牛の革です。
また、バーキンでは、このトゴが一番流通されていると言われています。
使用している革素材によって、柔らかさなどが異なってきますので、バーキンを購入する際には、革素材はどういったものを使っているか把握しておくと、自分にあったものを購入することが出来ます。
買取の場合は、人気の革素材を使用しているものでしたら、他のものよりは高めになります。

サイズや素材、色のバリエーションが豊富なことでもバーキンは有名です。
サイズだと4種類あり、25cm、30cm、35cm、40cmの4種類から大きさを選ぶことが出来ます。
この4種類の中では、30cmが一番人気があります。
色は自分の好みを選択できるように、明るい色、無難な黒と白があります。
実は、この色の中には、エルメス色と呼ばれるオレンジ色があります。
また、合わすことの出来る金具も3種類あり、色だけでなく、細部にまでこだわった自分好みのバーキンを持つことが出来ます。
金具には、ダイヤが付いた1,500万円以上もするものも含まれているので、購入する際の参考にしてみてください。
金具にお金をかけているだけでも、買取価格が高くなることもあります。
このような情報を得ておくと、買取の高価の仕組みがわかってきます。